背のびする女性

感情の起伏が激しい新型うつ病の実体|心の病は適切な治療方法が大切

怠け病と呼ばないで

ハートの模型

従来型のうつ病と異なり、仕事はやる気がないのに、遊びでは元気いっぱいになる、新型うつ病が若年層の間で増えています。今後も患者数が増えることが予測されますが、この新型うつ病の場合、従来型のうつ病に対する対応が通用しない面があります。休ませるだけではなく時には励ますなど、症状に合った対応をしましょう。

View Detail

新しいタイプのうつ病

女性の医者

新型うつ病は、新しいタイプのうつ病で、近年は増加傾向にあります。従来のうつ病とは症状が違うために、周りの人の対応も違ってきます。新型うつ病を知ることで正しい対応をしてください。日頃から、規則正しい生活と運動を心がけ予防をしましょう。

View Detail

新型うつとは

看護師

新型うつ病とは、現代病の一種で、仕事中限定のうつ病を指します。治療方法としては、精神科や心療内科での認知行動療法の他に、生活環境や思考方法の改善がメインとなります。症状が辛い場合は、薬物療法に頼ることも必要です。

View Detail

新型うつの治療

カウンセリング

新型うつ病は現代病の一種です。仕事中にうつを発症し、帰宅時に回復する精神疾患です。その他の特徴としては、自尊心の低下があります。新型うつ病の治療は、認知行動療法が良いでしょう。認知行動療法とは、視野を広げ、思考に柔軟性を取り戻させる療法です。精神的なバランスを取り戻し、今に集中させる効果があります。

View Detail

やる気に関わる病気

悩む男性

従来とは違うタイプ

うつ病といえば精神疾患の一種としてすでに広く認知されていますが、近年になってうつ病と極めて似通っていながら従来の分類パターンにあてはまらない傾向を示す疾患が存在することがクローズアップされるようになりました。それが新型うつ病です。新型うつ病は従来のうつ病と同様、気分が抑うつ的になったり、集中力が低下したりといった情緒面の障害となってあらわれます。過食あるいは食欲減退を伴うこともあります。また、激しい疲労感などの身体的症状があらわれることもあります。ただ、従来のうつ病であれば通常はこうした症状が数日から数週間程度持続するのに対し、新型うつ病の場合は1日のうちで大きく変化するケースが多いという違いがあります。よく見られるのは会社勤めの人が日中は気分がすぐれないが終業時になると急に元気が出る、仕事には集中できないが自宅で趣味などに興じている限りは何時間でも没頭できる、といったケースです。このため、この病気の患者は「単に仕事をしたくないだけの怠け者」という批判的な目で見られてしまうことも少なくありません。しかし本人にとっては非常なつらさを感じているのは事実なので、一種の病いであると見るべきであることは間違いありません。今後はこの病気に対する社会全体の理解度をいかに高めるかが課題になっていくものと考えられています。

早期に専門医の診断

新型うつ病の原因については、従来のうつ病と同じく複数の要因が重なり合っているものと考えられています。具体的には、生まれつきの性質・ストレス・体調の変化・生活環境などが関わっているものとされています。中でも多くの人が述べているのが、家庭環境が非常に大きな影響を及ぼしているのではないかという説です。というのも従来のうつ病が多分に自責的な傾向を示すのに対し、新型うつ病の場合は自分の気分がすぐれないのは周りのせいだと他責的な傾向を示すことが多いからです。また、自らうつ病であることを周囲に公言し、それを認めてもらいたがる人が多いこともこの病気の特徴となっています。こうしたことから、新型うつ病の患者は成長過程において何らかの事情で周囲の大人との関係をうまく築けなかったことが強く影響しているのではないかと考えられています。このことは、現在この病気に苦しんでいる人が20代から30代前半の比較的若い層に多いことの理由にもなります。というのもこの世代が子供時代を過ごし始めた頃と、家族関係の希薄化が世に言われるようになった時期とが一致するからです。新型うつ病は独力で解決するのは困難です。何らかの自覚症状を感じたときは、できるだけ早期に専門医の診断を受けることが推奨されます。