青空と女性

感情の起伏が激しい新型うつ病の実体|心の病は適切な治療方法が大切

新型うつとは

看護師

欝病の様々

新型うつ病とは、現代人特有の精神疾患と呼ばれており、若者を中心に患者が増えているようです。新型うつ病の特徴は、仕事中に調子が悪くても、家に帰ると調子を取り戻すというものです。また過眠や過食、趣味などには熱中しすぎるなど、一部双極性と見間違われるところもあるようです。一見詐病にも見えかねない症状ですが、本人たちは、仕事中の抑うつ状態に真剣に苦しんでいます。そしてその症状のギャップに苦しむことになります。仕事中は通常のうつ病の症状が出ますが、帰宅すると元気になってしまうことで、自尊心を失っていく人もいます。それまで真剣に生きてきた人、真面目で誠実な人、繊細な人ほどうつ病・新型うつ病になる傾向があるため、一度自尊心を傷つけられてしまうと、元に戻るまでに長い時間を要します。そのためうつ病が長期化してしまうのです。新型うつ病が長期化すると、社会性が低下していくため、真面目な人であればあるほど悪循環になっていきます。収入が減り、社会的な立場が下がることで、不安感、焦燥感、孤独感に苛まれるようになれば、逃げや依存の心が生まれてきます。そうなると、自尊心を取り戻す動きとは逆の方向に向いてしまうのです。

治療の方法

新型うつ病の治療は、基本的には自分で行うよりほかありません。信頼できる人間が周囲にいれば、迷わず相談しましょう。その際には、可能であれば、心療内科への同行をお願いしてみましょう。医師が信頼できる人であるなら、必要に応じて通院することで、症状が改善へと向かうこともあります。また一時的に症状が辛い場合、薬物療法に頼る必要もあります。ただし新型うつの場合は仕事中限定のうつ病であるため、薬物療法よりも、環境を変化させることで治療となる場合があります。新型うつ病の人が、精神科や心療内科へ通うことのメリットは、薬物治療ではなく認知行動療法によって、思考に柔軟性を取り戻させることです。新型うつ病の治療を考える際には、最も良いのは職場を変えることです。それが簡単ではない場合は、仕事を変えてみても良いでしょう。仕事が難しい場合は、休むより他ありませんが、収入がなければ生きていけません。そのような状態を自覚することで、目が覚める人もいるといいます。必要性に気づけば、自ずと人は動くのです。大切なのは、広く柔軟に考えるということです。どうしても身体が動かない場合は、一時的に福祉の支援を受けるという方法もあります。そうして十分に休息を取りながら、新しい視点から人生のプランを練り直すというのも良いでしょう。